無添加基礎化粧品の選び方

敏感肌には、無添加の基礎化粧品が良いと言われています。さまざまな種類の化粧品の中からどのように自分に合った無添加基礎化粧品を選べば良いのでしょうか。合成剤や指定成分が含まれていない基礎化粧品を無添加基礎化粧品といいます。

指定成分とは、かつて厚生省が指定していた102種の成分です。ただし、この条件を満たせば無添加の基礎化粧品というものはありません。基礎化粧品に使う成分は多様化しており、防腐剤や着色料のどこからどこまでが添加物かという決まりはありません。無添加基礎化粧品を実際に選ぶ場合には、名前だけで判断せずにしっかりと表示されている成分をチェックすることが大切です。化粧品の配合成分名は長々しくて難しいという印象がありますが、それほどとっつきづらくはありません。化粧品の成分の見分け方については、インターネットのサイトなどで見ることができます。口コミ情報を、商品ごとに紹介したり、ランキングづけがされているサイトもあるようです。どの無添加基礎化粧品がいいかは、商品や成分についての説明に目を通してから判断しましょう。ただし、情報や知識だけで肌に合う無添加基礎化粧品を見出すことはできません。気になる商品があったら、まずサンプル品を使ってみましょう。無添加基礎化粧品はじっくりと時間をかけて選ぶのがおすすめです。
古い楽器 買取